日本海にて…

a5c5419efa6f6edb3fac001b4727a836
こんにちは!
スタッフの”じゃいあん”です。
相変わらず釣り好きなじゃいあんは、先日足を延ばして日本海で舟釣りをしてきました。

ターゲットはヒラマサ!
海のスプリンターと呼ばれる釣り人の憧れの魚です。
形はブリに似ていますが、ブリよりも細マッチョで、パワーはヒラマサの方が比較にならないくらい強いです。
広島の方はあまり見かけないかもしれませんね。
広島はブリの方が多いです。というか、瀬戸内海ではあまりヒラマサは釣れませんので。

このヒラマサ、どれくらいのパワーかというと、
だいたい10キロくらいのブリと5キロくらいのヒラマサが同程度のパワーです。
10キロ程度のブリを上げられる竿とリールなら5キロのヒラマサはかろうじて上がるレベルということです。

私の竿とリールは10キロ超えるくらいのブリも上げられるスペックなんですが、
それでもヒラマサとはかなりのファイトを要します。その分楽しいです♪

当日の釣果はヒラマサと、カンパチ。
カンパチも美味しいですよ。形はブリやヒラマサに似ていますが、
体高が高く、模様が少し違います。
こちらも引きはブリの比じゃありません。

ブリ、ヒラマサ、カンパチを「ブリ御三家」と呼ぶくらい
青魚の中では有名どころです。

でも、今回のショッキングなニュースは違うんですよ。

私のリールはドラグを6~7キロに設定してあって、
そのクラスの魚がかかるとラインブレイクしないように
巻いていても糸が出ていくようになってるんですが、
今回釣ったヒラマサでも、「ジジッ…ジジッ…」という感じで
重たそうに出て行ってたんですが、
不意に重みを感じて、針合わせをしたとたんに
「ジ―――――!」
と出ていく糸、止まらないドラグ…

そしてそのままプッツンとラインブレイク…

船長さんに聞いたら”ヨコワ”(クロマグロの幼魚)だそう。
30キロくらいあったのかな。

さすがにあれは上げられません、今の竿とリールではね…
そしてまた釣り具が増えていくに違いないじゃいあんでした。
男として、リベンジする心は大切ですから!