Q

想像力豊かな子に育てたいのですが、お稽古教室の選び方は?
A_2
●心の目で読もう。
 想像力とは、見えないものを見る力、聞こえないものを聞く力です。絵本は、教育のツールであり、想像力の豊かなお子様作りには、欠くことのできない「魔法の道具」と言えるでしょう。しかし、大抵のお母様は、文字が読めない時期だけに「字のない絵本」を選び、文字が読めるようになれば「字のある絵本」を選んでいませんか。この与え方は、間違っていると言ってもよいのです。どの年齢になっても、「字のある絵本」と「字のない絵本」は、想像力を養うための重要なエキスなのです。
字のあるなし本
●字のある絵本
 絵本の絵を見せながら言葉を聞くことで想像力が育ちます。絵本を見せて語りかけましょう。絵を見て物語や状況を感じ取る力が知らず知らずのうちに、培われてゆくのです。「したきりすずめ」の場面で、お子様は、「嬉しいなあ。おじいさん、優しいなあ。家で一緒におままごとをしようね。」と、作者気分です。先々、ページをめくらず、しっかりその絵を見せて感じ取り、言葉を待てば想像力を発揮させることができるのです。


●字のない絵本
 字のない絵本は、心を自由にしてくれます。子どもと一緒になって絵の中に入り込み物語を作っていきましょう。「積み木の中から、お兄さんとお姉さんが飛び出したよ。」「わあ、赤い積み木がついて来た。」この自由の中に、お子様の夢のある物語が生まれ始めるのです。何よりも大事なことは、お母様が絵の中に入り込むことです。
●マイ夢 
 グローバル化社会だからこそ、日本人として先人から言い伝えられてきた「不思議な夢」を、お子様へ伝えたいのです。その「不思議な夢」が、想像力へと繋がっていきます。例えば、満月を見て、「お母さん、ウサギさんはどこにいるの。」「お月様の中で、おもちをついているでしょ。」というように、沢山の非現実的な現象を、お子様に語りかけることで、想像力が身につき、それが思考力へと発展し、様々な分野へ影響し合うようになるのです。

 最後に、保護者の方々が、お子様にお稽古ごとをさせたいと思う理由をあげてみました。①子どもの友達と一緒に習いたいから。②子どもの興味を深めたいから。③得意でない分野を指導してもらいたいから。④将来に役立つから。などです。お稽古ごとに通うことで、お子様の新たな面の開花を見たり、自分なりの目標に向かって頑張る力が育まれたりすることもあるので、その子に合ったお稽古を、その子のペースで無理なく続けられるように、家族で支えていくことが大切です。




togaku_foot