中川産科婦人科ドクターのプレママセミナー

第10回:出産後の親子のコミュニケーション


   カンガルーケアは親になった喜びを心身ともに実感できる至福のとき。 
   また親子の絆を直接感じる大切なコミュニケーションの時間です。出産後の親子の過ごし方もご紹介します。 

《カンガルーケア》
 生まれてすぐの裸の赤ちゃんを、お母さんの胸の上で抱いていただくことを「カンガルーケア」といいます。カンガルーケアは、お母さんが持っている常在菌を赤ちゃんに植えつけ、悪い菌から赤ちゃんを守ることになります。また、あたたかな胎内から少し寒い外の世界に出てきた赤ちゃんを、お母さんの皮膚温であたためて出産直後の低体温を予防します。しばらく赤ちゃんを抱っこしていると、はじめは泣いていた赤ちゃんもすぐにおちつき、安心して静かになります。そうしている間に徐々におっぱいが飲みたくなり、お母さんのおっぱいを求めて足を使って上に登っていきます。おっぱいを探して吸おうとします。こうした赤ちゃんの行動が母乳分泌を促すといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんの素晴らしい生命力を感じながら、カンガルーケアを楽しんでください。

《母子同室について》
 当クリニックでは、赤ちゃんの生活リズムを理解し、退院後を不安なく過ごせるよう、母子同室をおすすめしています。はじめはお疲れになるかもしれませんが、わからないことや心配ごとがありましたら、なんなりとスタッフにご相談ください。母子同室、母乳育児が楽しくできますよう応援させていただきます。

♥母子同室の利点♥

●お母さんはいつも赤ちゃんのそばにいることができます。 
●赤ちゃんが泣いたらすぐに抱くことができます。お母さんのいいにおいを感じながら、
  赤ちゃんはお母さんの胸に抱かれることでしょう。 
●赤ちゃんが欲しがったらいつでもおっぱいを吸わせることができます。
  それによって母乳をつくるホルモンがたくさん分泌され、母乳確立につながります。 
●ご入院中は赤ちゃんとふたりっきりで過ごせる大切な時間です
(とくに経産婦さんにはふたりの時間にひたっていただきたいと思います) 
●面会時にはご家族の方も赤ちゃんと一緒にお過ごしいただけます。
  ご主人におむつ交換などを手伝っていただきましょう。 

※赤ちゃんに治療が必要な場合は別室になることもあります。 
※お母さんの体調がすぐれないとき、疲労が強いときには、赤ちゃんを新生児室で
   おあずかりさせていただきます。



nakagawa_foot_1