中川産科婦人科ドクターのプレママセミナー

第2回:妊婦・授乳婦へのインフルエンザ予防接種について


  インフルエンザウイルスが流行しやすい季節になってきました。妊婦さんは罹患すると重症化しやすいと言われています。 
  うがい・手洗いによる予防は勿論ですが、予防接種を受けることが推奨されています。
  正しい知識をもって、インフルエンザにかからないように心がけましょう。 

インフルエンザ予防と発症した時の対処法  

 インフルエンザの症状は、急性感染症で、発病すると高熱、筋肉痛などを伴う風邪のような症状があらわれ、急性脳症や二次感染により死亡することもあります。妊婦さんは心肺機能や免疫機能に変化を起こすため、インフルエンザに罹患すると重篤な合併症を起こしやすいといわれています。国立感染症研究所の発表では、現在までのところ、妊娠中にインフルエンザワクチンの接種を受けたことで、流産や先天異常の発生頻度が高くなったという報告はなく、インフルエンザ流行期間に妊娠予定の女性へのインフルエンザワクチン接種を推奨し、妊娠全期間においてワクチン接種希望の妊婦には接種可能としています。
  発熱があり、周囲の状況からインフルエンザが疑われる場合には、「できるだけ早くタミフルを服用することが重症化防止に有効である」ことをお伝えします。妊婦さんから妊婦さんへの感染防止という観点から当院では内科受診をお勧めしており、事前の電話やマスク着用での受診を勧めています。抗インフルエンザ薬(リレンザ、タミフル)が有効であり、児への有害事象もないとされています。また、授乳中の方も、ワクチン接種を受けても授乳は可能ですので、接種をお勧めしています。
  インフルエンザに感染した母親でも原則、母乳栄養を行えます。母親がタミフル・リレンザなどの投与を受けている期間でも母乳を与えても良いとされています。
  結論からいいますと、妊娠期間中および授乳中であっても、インフルエンザワクチンの接種は可能であるということです。インフルエンザワクチン接種は、効果出現には約2~3週間かかりますので10~11月に接種することをお勧めします。またチメロサール等の保存剤が含まれていても安全性に問題はないことが証明されています。ワクチンを接種しても、インフルエンザにかかることはありますので、うがい・手洗いは勿論、外出の際にはマスクを着用するなど気をつけ、楽しい妊娠生活をお送り下さい。接種に関しては、安全性を心配され、16週以降の接種を勧める先生もおられますので、かかりつけ医と相談して下さい。




nakagawa_foot_2