子供の◯◯についてお話します。

子育てについてお話します。


◯親子の心の触れ合いを大切に、笑顔を忘れず…


 子育ては大変です。決して楽しいことばかりではありません。子育てがつらいと思っているお母さん、日常の当たり前のことに感謝することができれば、幸せは身近なところにあります。わが子に出会えたこと、一緒にいられることの幸せを心の中に描いてみましょう。子育てをするのは人生のほんの一時にすぎず、子どもに向き合った時間はかけがえのないものです。子育ては天から与えられた素晴らしいお仕事に違いありません。

  子育てで悩んだら人に聞いてもらいましょう。両親、友人、保育園、幼稚園、学校の先生、保健師さんなど、手をさしのべてくれる人はたくさんいます。子育てに正解はなく、試行錯誤しながら解決方法を見つけていくしかありません。やり直しはいつでもできます。

  子どもに社会のルールを教えることは大切なことです。ルール違反に対してきびしく叱ることも必要です。ほめて育てるだけでは子どもは育ちません。親に怒られたことのない子どもは、社会に出て上司に怒られると挫折します。叱るときには、子ども自身ではなく間違った行為を叱る、前のことを持ち出さない、自分の気分で叱らない、叱る時間は短くなどに留意しましょう。よくできたこと、よくやってくれたことはそのことを伝え、ありがとう、うれしい、としっかりほめてあげましょう。

  子育ての目標は、わが子が責任のある自立した人間になってくれることです。親子の心の触れ合いを大切にすること、自己肯定感を育むことはその土台になります。わが子を大事に思っていること、自分には生きる価値があることを伝えます。子どもの今の姿を受け入れて見守り、子どもの中に眠っている力を引き出してあげることは親の役目でもあります。

  お母さんが笑顔でいると、家族に幸せをもたらし、お母さん自身も幸せな気持ちになります。送り迎えのとき、家族団欒のとき、笑顔を忘れないようにしましょう。




cocoro_foot