働きたいと思っている女性のみなさんへ朗報です!

oniyakko


働きたいと思っている女性のみなさんへ朗報です!

現在、広島県では「働く不安を、安心へ。」をコンセプトに、「女性の働く一歩応援キャンペーン」を実施中。
自分の可能性に気付かないから不安。そんな女性が「まだ知らない自分」に気付き、
安心して一歩を踏み出せる“後押し”をしています!

そんな中、3月4日には本キャンペーンのサポーターである、お笑い芸人の椿鬼奴さんが来広し、
湯﨑県知事と対面、イクボス同盟の例会なども激励訪問しました。

昨年結婚し、働く女性をリアルに実践している椿鬼奴さん。
今回はそんな椿鬼奴さんにインタビューした内容を少しだけご紹介します。

Q.今回のキャンペーンについて
A.とても素晴らしいキャンペーンだと思います。他の都道府県でもやればいいなと。
 でもそれを知らずに過ごしてしまう人も多いと思うので、

 私はサポーターとしてTwitterなどで発信していきたいですね。
 それから広島に来てイクボス同盟を知りましたが、これもとても良いなと思います。
 私も子どもがいたらもっと生活は大変かなと思うんです。
 だからこそ、イクボスの存在というのが大切なんだと感じます。

Q.結婚してからの仕事
A.生活自体は変わらないですね。主人と飲みに行ったり、後輩が家へ来たり。
 結婚するときに仕事をセーブしようということを持ちかけたんですけど、主人から「困る」と言われちゃいました。
 とても優しくリベラルな人で、「仕事をしている姿が好き」って言ってくれています。
 でもまぁ主人がヒマなおかげで、私の仕事はセーブせず助かっています(笑)

Q.芸能界で働く女性として
A.劇場に出てる女性芸人が1組だけだったりすると、女性って肩身が狭いんですよね。
 それを、オアシズさんみたいな先輩の女性芸人は味わってきたので、後輩に優しいんです。
 だから自分たちも後輩に優しくして…、気付くと女性芸人の組合みたいになってくるんです。
 芸能界はまだまだ男社会って感じなんですけど、最近は女性芸人もどんどん活躍して
 テレビ局の見方も変わってきたのかなって思いますね。
 だから女性芸人は、ライバル意識より仲間意識が強いんです。

Q.椿鬼奴さんの周りの働く女性
A.東京って、周りがまだ結婚していないから自分も働き続けて…
 という感じで晩婚だなって思います。
 働きやすい環境があることの裏返しなのかもしれませんが。
 自分の身近なところでは、森三中がいますが、彼女たちは母になって仕事復帰している見本ですよね。
 それから自分の母親も本当、最近までずっと働いていたんですが
 引退してからもとっても元気で充実した日々を送っています。
 今、70代ですけど、それを見ていると、働いていたからこそ元気なんだなって実感します。

Q.働く女性・働きたいと思っている女性へ
A.それぞれの家庭にそれぞれの事情があると思うんですけど
 例えばママ友たちが「せーのっ」で働き始めるのも面白いかも。
 女性って、心細さに負けてしまいますからね。
 男性芸人と飲みに行くと、よく「お笑い論」みたいのを聞かされるんですけど
 女性芸人と飲みに行くと愚痴ばっかり。でもそれが仲間意識になるし、気楽なんですよね。
 それから、真面目に働いていることを当たり前だと思われると寂しいですから、
 旦那さんにも「大変だね」「いつもありがとう」という声かけがほしいなと思いますよね。
 そして家族だけじゃなく、社会ともつながっているということを

 意識させてくれる環境づくりが大事なんじゃないでしょうか。

そんな椿鬼奴さんもチャレンジしてみた、気軽に楽しく性格判断や仕事適正がわかってしまう
「広島式ディグラム性格&適職診断」やキャンペーンサイトは下記から!

「女性の働く一歩応援キャンペーン」
http://www.wakumama.jp/positive.workcp/

「広島式ディグラム性格&適職診断」
http://hiroshimashiki.jp/
(こちらはメルアド登録で適職まで診断できます!)