きかんしゃトーマス☆

DSC_0066

うちの子は「きかんしゃトーマス」が大好きです。
それはもう尋常ならざる大ファンです。

ご存知のように「きかんしゃトーマス」は、顔のある機関車たちの物語です。

「役に立つ」ことを至上命題に、彼らは日夜、働くことに励んでいます。
一様に自尊心が高く「私はこれだけ早く走れる」「私はこんなに力が強い」「私はこんな特別な仕事をした」
というようなことを自慢しあい、お互いにライバル心を煽っていきます。
また、「役に立つ」のが必ずしも乗客のためではなく
オーナーを務める小太りのおじさんに認められるため、という問題があるので、度々トラブルを起こしたりもします。

とまぁ、子ども向けにしては「?」と首を傾げたくなるような箇所も多々あるのですが
昔に比べるとグラフィッククオリティも格段に上がり
子どもが見ているとついついこちらも見てしまいます。

うちの子も、寝るときに時々トーマスの仲間たちと布団に入ります。
きっとソドー島にいる夢でも見ているのでしょう。