扇風機あるある、その弐

扇風機あるあるその弐

扇風機に小さな時一度は仕掛けるよね。あぶないのに、ついやってしまいたくなる気持ちはわかる、わかるが、やめて!