サメって、なんかロマンがありませんか?

0c29a5a5c5432c9d9db23542db58d8eb
ママンペールのおでかけスポットでもおなじみ、島根県のアクアスに行ってきました。
こちらは海中トンネルのような箇所で下から撮影したシュモクザメさんです。

私は小さい頃からサメが好きです(突然ですが)
なんか、カッコいいじゃないですか♪
大きいし強いし(笑)
でもそれだけじゃなくて、もっとロマンシングな秘密がたくさんあるんですよ!

画像のシュモクザメはこんな形の頭をしていますが、
それにもしっかりと役目があって、海中にいる獲物を感知するための
センサーが頭についていて、獲物の存在をしっかりと感知するらしいですよ。
ホントはもっと詳しい説明があるんですけど、
まぁ、ざっくりと分かりやすく説明しました。
ちなみに「シュモクザメ」というのは和名で、
英名では「Hammerhead shark‐ハンマーヘッドシャーク‐」といいます。
トンカチみたいな頭をしたサメという意味ですね。見ての通りすぎる…

ちなみに、映画「JAWS-ジョーズ‐」
でおなじみの「ホホジロ(ホオジロ)ザメ」は和名です。
ホホジロ(ホオジロ)とは、小鳥の一種で、とっても可愛い鳥なんですがね…
ちなみに、英名では「Great white shark-グレートホワイトシャーク-」といいます。
背中側はグレーなのにお腹は真っ白なんですよ。
それからついた名前みたいですね。

こんなに大きな身体なのに、無駄な機能は一つもないとか、
はやく泳ぐために流線型のミサイルみたいな身体をしているとか、
一生獲物を食べられるように、歯が何度も生え変わるとか、
語り出したら朝までかかります(笑)

サメだけじゃなく、自然界に存在するものはその形や行動に
必ず意味があるということ、
「大きい」「かわいい」「速い」「かっこいい」
だけじゃなく、なぜそうなの?
という見方で動物たちを見ると、
いろんなロマンを感じられるかもしれませんよ。

じゃいあんでした!