サクラサク?!

4a8c5aa4d90df399788658524ce5f327
一雨ごとに涼しくなり、秋の訪れを感じる時期になりました。
まだまだ日中は暑いけど、朝夕は少しだけ涼しく過ごせるようになりましたね。
そんな気候だと、風邪を引いたり調子を崩したりする人も多いようですが、
調子が狂うのは人間だけではないようです。

北海道では、桜が開花したとのお知らせがありましたね。
秋に桜と書いて秋桜(コスモス)ですが、
今回咲いたのは春に咲くホントの桜。
なぜこんなことが?

実は桜というのは、春を認識して咲いているわけではないんです。
春に満開の花を咲かせた桜は、花が落ちると葉っぱだけになります。
そして、葉っぱだけのまま夏を過ごし、やがて秋~冬と葉っぱが落ちていく。
そして春にまた、花を咲かせます。

ところが今回、北海道地方にまできた台風の風で、桜の葉っぱが
全て落ちてしまいました。
でもまだ気温は高いまま…するとどんなことが起きるのか?

桜というのは、暖かければいつでも花が咲くんです。
ただ、葉っぱがあるうちは絶対に咲かない。
葉っぱがホルモンを分泌して、開花を抑える役目をしているからです。

でも今回のように葉っぱが台風などで全部落ちてしまうと、
葉っぱがたくさん花が咲かない→風で葉っぱが落ちた→でもまだ暖かい→桜「春が来たー( *´艸`)」
となって一斉に開花した。

という感じみたいですね。

植物が持ってる秘密、まだまだ私たちの知らないことがたくさんありそうです。
じゃいあんでした!