じゃいあん、今回は撮影しました!

64c5d74daf878f2118252d498961e108
こんばんは
最近釣りばかり行っているじゃいあんです。

先週末も行ってきましたよ。

しかも今回は「マダイ」狙いで!

マダイの特攻餌と言われる餌をわざわざ注文して(すごい高いんですよ)
また朝3時に起きて(笑)
4時にポイント警固屋店さんで餌を受け取り、
いざ倉橋島へ!

今日の釣り場は「大向港」
なんでも波止からマダイが狙えるスポットなんだとか♪
わくわくで仕掛けの準備をし、薄暗い中で第一投。

竿をおいてしばらく竿先を眺めていると、
ポツポツと当たりが…
でもまだ弱い、これはマダイじゃない…
そのまま当たりははなくなり再び静かな海に…
仕掛けを巻いてみると餌がなくなってる!

何かいるのは間違いない…
つづいて2投目3投目と特に変化はなく…

そして何投か繰り返していると、
いきなり竿先がググッと勢いよく入る!

「キタ――(゚∀゚)――!!」
落ち着け!あわてるな!

緩めていたドラグを締め、一気に合わせる。
よし!針にかかった!

ここからが勝負です!
幸い釣り場が広く、私以外に釣り人がいないので、
ゆったりとやり取りできます。

しかしよく引く…竿先が三日月みたいに曲がってます。
倉橋のマダイ、すごいぜ!

と思ったところで、かかった魚が海面をジャンプ!
「?!」
「?!?!」

すごいな…倉橋のマダイはジャンプするのか…
更に堤防まで引いてくると浮かんできたのは黒くて平べったい魚影…

倉橋のマダイは黒くて平べったいのか…
あれ?長い尻尾も付いてるのか…

なんてことはなく、「エイ」でした。
海面をジャンプしたところをみると「ナルトビエイ」ですかね。

こんなやつを上げたら危険極まりない(エイの尻尾には毒針があります)ので、
そのままお帰りいただきました…

と、ボケてみましたが、実は当たった瞬間からマダイではないことは
わかってたんです…マダイは引き方が特徴あるんで、かかった瞬間にわかるんです。
その後、なぜかマダイの特攻餌にかかるカレイ…

こんな言い方だとしょぼく聞こえますが、
カレイもありがたい獲物ですよ!
焼いても揚げても煮てもおいしいんですから!
ということで、今回の釣果はカレイ(30㎝ちょいですかね)一枚
おまけでカワハギ一匹
でした。
釣り場についたのが5時前くらいで
納竿したのが8時くらい。約3時間の釣行でした。

早速家に帰って捌きます。
あ、上の画像のカレイの尻尾に切れ目が入っているのでは、
現地で活き締めをしたあとです。
活き締をして、血抜きをしておくことによって、
鮮度が保たれます。
通常魚は頭を左に向けるんですが、カレイは右に向いて頭がついているので、
調理の作法でカレイだけは右に向けても良いそうです。
上のカワハギ君は右に習えをしただけです。
そして、調理の結果
690e0609d7fb3f0f0bf1887d60b93d1d
このようになりました。 カレイは煮つけ(若干煮崩れました…) 煮付けてる途中にカワハギ捌いて味噌汁作ったり クーラーボックス洗ったりしてたら明らかに煮過ぎました… 皿の上部に大きな肝があります。カレイの肝です。 湯引きして酒で洗って臭みを抜いて一緒に煮付けてあります。 美味ですぞ♪ 食べたのが10時くらい。 なかなか贅沢な朝食でした。 それではまた!