マナーとか…叱り方とか…

image1
こんにちわ!
夜見た方にはこんばんわ!
朝見てる方にはおはようございます!
ママンペールスタッフの”じゃいあん”です。

先日、ちょっと個人的な「研修」で飛行機に乗ってきました。
行った先は…内緒です(笑)
しいていえば、島ですね。

で、話は何かというと飛行機の中での出来事なのです。
飛行機って離陸してしばらくの間と、着陸態勢に入ってから完全に着陸するまでの間は
座席のベルトを着用するようになってますよね?
それはCAさんも例外ではなく、離陸時と着陸態勢に入ってからは、
客席とは別の席でベルトを締めて座ってらっしゃいます。
で、「ベルトを締められない小さなお子さまは保護者の方がしっかりと
抱いて下さい」というアナウンスが流れます。

僕が座っていた席が真ん中付近の通路側で、CAさんが座る席が良く見えたんですけど、
ベルトを締めて座っているCAさんが、しきりに座ったまま背伸びをするというか首を伸ばして
何かを見ている…
目線の先には、小さなお子さんが椅子の上に立ってはしゃいでいる姿が…
マジか(-_-;)
親は何しとんねん(怒)
と思って見ていると、
「はいはい、お利口に座らないと飛行機の人に怒られるよ!」
と言いながら子どもをどうにかするでもなく…
着陸態勢に入っているため、CAさんも動くこともできない様子…

ちょっと!飛行機の人に怒られるんじゃなく、アナタが怒らなきゃ!
しかも、怒られるから座るんじゃなく危ないから座ってベルト締めるんじゃないの?
心配そうな顔をしたCAさんをよそに飛行機は無事着陸しましたが、
着陸時になにかあったら…気流が乱れて飛行機が揺れたら…
ちょっと考えただけでもたくさん怖いことが思いつきます。

やっちゃダメなことには理由があり、やっちゃダメになったきっかけになる事件だったり事故だったりが
必ずあります。
たしかに全部を小さな子どもに理解させるのは難しいかもしれない。
『これをやったら怒られる』
最初はそれで良いのかも知れない。
それでもやっぱり我が子の躾(しつけ)は親としてキチンとしたいですね。

「躾」…身を美しくすることですから