不思議に興味深々。遺伝ですか?


先日、学校から貰ったチラシを手に
「これ見に行きたい」と、娘のリクエスト。

何だろう?と見てみると…
《驚異の遭遇!未確認生物》…………なんて面白そうなんでしょう。
こういうのが好きなのは遺伝なんでしょうか?

ということで、山口県の萩博物館まで行ってきました。

企画展_未確認生物

広島の『ヒバゴン』を筆頭に、『ツチノコ』や『カッパ』のような有名なものから
『カバゴン』なんてマイナーなものまで…

面白いのはその生物が話題になった経緯から現代に至るまでの新聞記事などの
当時の資料や検証説、解決しているものから未だ確定していないことまで、実録紹介してある点。
ただのオカルトですが、それが世間に広まる過程や環境など。この仕組みはほぼマーケティングです。

子どもも大人も、不思議なことやモノに興味があれば楽しめると思います。


【参考】萩博物館ホームページ