意外と知らない大事なこと

みなさん、こんにちは。
日々目まぐるしく家事に育児にお仕事に…と、子育て期間中の生活にやるべきことは
大変多いと思います。ご苦労様です。
その中で「自転車」を利用する機会の多い方もいるのではないでしょうか?
我が家でも子どもの通学の送り迎えや買い物に…と、毎日のように活用しています。

この「自転車」という乗り物に関する交通ルール、
今月(2015年6月1日)から罰則を含め、大きく変わったことをご存知でしょうか?

知らなかったじゃ済まない交通ルール違反。
知っておくことで防げる事故や違反があると思いますので、
既に改定されてはいますが改めて紹介させていただきます。

これまでと何が違うのか?

自転車を運転するのに免許というものはありません。
乗る技術さえあれば誰でも乗れる自転車ですが、
道路交通法の上では「軽車両」とされていますので、キチンとしたルールがあります。

では、もしルールが守れていなかったらどうなるのか。

これまでは、自転車の罰則に対して自動車と違い「反則金」というものがありませんでした。
悪質なルール違反に対しては「罰金」というものが適応されていましたが、
軽度のものに対しては摘発されにくかったのが現状です。

ところが、今回の改正により
「危険なルール違反を繰り返す者への自転車運転者講習の義務化」という制度が加わりました。
繰り返す=カウントされるわけです。また、この繰り返す。実は3年間のうち2回で受講命令がきます。
対象も14歳以上ですので、子どもでも摘発される事になります。

この「自転車運転者講習」は講習手数料を支払い、1回3時間の受講・テストとなります。
この受講命令を無視すると、裁判所への呼び出しの上、5万円以下の罰金となるようです。
さらにそれを無視すると逮捕されます。

恐ろしいくらい厳しい……ですが、これら厳罰が厳しくなった背景には
自転車事故による被害の拡大があります。
加害者にも被害者にもならないように気をつけるためには、やはりルールを守りましょう。

対象となる危険違反とは?


具体的に盛り込まれている内容は以下の14項目です。※参考:警察庁HPより

①信号無視…※信号を無視すること

②遮断踏切立ち入り…※遮断機の降りた踏切への立ち入り

③指定場所一時不停止等…※一時停止(一旦止まって地面に足をつく)不足

④歩道通行時の通行方法違反…※ながら運転や片手運転(スマホや傘)、夜間の無灯火運転など

⑤制動装置(ブレーキ)不良自転車運転…※ブレーキの故障した状態での運転

⑥酒酔い運転…※お酒を飲んで運転すること

⑦通行禁止違反…※標識に従った右折や直進方法

⑧歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)…※歩行者に危険となる速度での通行

⑨通行区分違反…※道路標識等で決められた場所以外の通行

⑩路側帯通行時の歩行者の通行妨害…※歩道がない道路の路側帯での歩行者の通行妨害

⑪交差点安全進行義務違反等…※交差点に進入・通過する際の車や歩行者に注意した進行違反

⑫交差点優先車妨害等…※道路標識等で決められた優先を違反し、優先側の通行を妨害

⑬環状交差点安全進行義務違反等…※環状交差点進入時に徐行しなかったり車両の進行を妨害する運転

⑭安全運転義務違反…※危険と判断される運転全て

上記※はわかりやすくする為の個人的簡略ですので正確性・詳細が不足しています。
(詳しくは警察庁や各県のHP等を閲覧して下さい。)


意外と上記の違反をしている自転車をよく見かけます。
危ないなぁ…と思って見ていた運転がほとんど対象になると考えても良いでしょうね。

自転車保険の加入の推奨

自転車_G
自転車に乗るということは、
自動車同様事故を起こすリスクを伴います。
たかが自転車と思っていると大変なことになります。
また、自分が気をつけていても子どもが自転車事故を
起こすこともあり得ます。
実際にそういった例で数千万円の損害賠償が発生した
という事例もあるようです。

そんな時、「自転車保険」というものがあるのを
ご存知でしょうか?まだ自動車保険に比べて認知度も
加入者数も極端に少ない「自転車保険」。
年間数千円で入れるみたいですので、
一度検討してみると良いかと思います。
※勧誘ではありません。


当然の事ですが『事故に合わない、事故を起こさない』事が
一番です。その為にも「知っている」ということが重要なのではないでしょうか。知った上で自分自身が気をつけるのは当然として、子どもや自分の周りにも同じように気をつけるよう促していきたいものですね。