成長記録もデータの時代?それでもやっぱりプリントしよう。

あけましておめでとうございます。
2016年も始まりました。皆様は年末年始、どのように過ごされたでしょうか。
帰郷された方、お家でのんびり過ごされた方、体調を崩していた方もいたようで。

今年は「ママンペール」の発行数も5回と増え、スタッフ一同より良い情報提供を
心がけていきますので、益々のご愛顧をお願い申し上げます。



さて私はと言いますと、年末は子どもたちを連れて岡山県にある「おもちゃ王国」へ
行ってきました。
以前にも一度行ったことはあるのですが、その時も子どもたちには最高の遊び場だったようで
昨年何度か「行きたい!」とリクエストのあった場所です。
以前と変わらず子どもたちには最高の遊び場のようでした。

おもちゃ王国

年始には妻の実家へ行き、初詣。翌日祖父母邸へ向かう予定でしたが
妻と二女が風邪でダウンしたため、看病に費やした正月です。

また、長女の誕生日もありました。今年で8歳!もうすっかりお姉ちゃんで、
下の子たちの面倒やお手伝いもしてくれるので大変感謝しています。
そんな長女の8回分の誕生日の写真を並べて見返してみると感慨深く、
成長の過程も見え、とても面白いものです。5歳、6歳あたりが特に変化が見えました。

子どもの成長には個人差もあると思います。どのあたりで大きく変わってきたか
過去のアルバム等を見返してみると面白いものですよ。


以前、あるアプリ・サイト紹介をした際(過去記事「思い出をカタチに。」)にも書きましたが、
我が家では一度データを失うという事態が起こっています。
ですが、そのアプリを使った冊子アルバムとは別に、日々の子どもたちの写真もアルバムとして
印刷、装飾してあるものも別に保管してあります。こまめに整理してくれている妻に感謝です。

ふと見返そうと思った時はやはりプリントしてある方が見易いのです。
画像のデータ化で大量に保管できるようになっている昨今。
共有したりサッと送ったり…と便利ですが、開くためには媒体(スマホやPC)を必要とします。

時代はハイテク化し、今後もっと技術の進歩や一般普及の拡大等していくと思います。
ですが、今も昔もプリントしておくことを推奨していたい。
自分の両親や祖父母、先人たちがしてくれていたように思い出はカタチに残していきたいと思います。

もっとこまめに整理整頓をしておこう。と改めて思う正月となりました。