秋のイベント、運動会の到来。

子育て中の秋のイベント。運動会のシーズンです。


少し間は空きますが、先々週末。下の子二人の保育園の運動会に行ってきました。
去年はお隣の小学校の体育館で開催された運動会ですが、なぜか今年は違う場所での開催に。
西区のアリーナホール、「広島サンプラザホール」での開催でした。

アリーナ様式ホール

安佐南区の保育園なので正直遠く、「なぜココ?」という気持ちも少なからず。。
しかし、ハッピーフェスタの会場近くなので地理は完璧。余裕で間に合いました。
(出発は割とギリギリでしたが…)

しかし広い。アリーナホールなので客席がぐるりと囲んでいて、
上から良く見えます。おじいちゃんおばあちゃんや親戚等々、家族には良いかも。
…しかし、うちは二人出場で競技もほぼ交互にあったりしたので
客席からのんびり鑑賞…とはいかず。ほとんどの時間、一緒に競技コートにいたので
2階から高みの見物は出来ず、ずっと間近で見ていました。

パラバルーン

『パラバルーン』

幼稚園・保育園の運動会では
定番化しつつある、この遊技(?)は
見ていて楽しいし、連携が必要なので、
「頑張って練習したんだなぁ」と
子どもの努力も楽しみも垣間見えます。

ボール投げ

『玉投げ(陣取り)』

親子競技。相手コートにひたすら
大小様々なボールを投げ入れ、時間内で
どちらが多く相手コートに入れたか。
というものなのですが、、
子どもたちが投げ、親たちが投げ…と
別々に進行していたのが少し残念です。

ハイハイリレー

『ハイハイリレー?』

こちらも親子競技。
子どもがハイハイで進み、
親たちが進み終わったマットを前へと
運び繋げて進んでいくというもの。
ハイハイを卒業した園児のハイハイには
懐かしさも感じられるかも。

この他にも、かけっこやダンスなど色々な種目を魅せてもらいました。
毎年趣向を凝らしたり、各クラス毎に子ども別の配置図(大まかですが)を作っていただいたり、
園の先生方には感心するとともに感謝します。


最後に…当たり前ですが、運動会の主役は『子ども』です。

大人になるにつれ、スポーツも競い合い、勝ち負けが必須。
向上心は大切な事ですが、勝ち負けにこだわり過ぎて「楽しむ」ということを忘れては
なんの為にしているんだろう?と思ってしまいます。
そんな時、この『子ども』の頃の純粋に競技を「楽しむ」気持ちを思い出せるでしょうか?
ふと今の自分を『子ども』に映して見つめ直してみることも良いかと思います。

さて…今週末は小学校の運動会です。今度は親子競技も付き添いもないので、撮影係に専念できそうです。