秋には秋ならではの景色


街中はイルミネーションにクリスマスソング。
もう冬?と錯覚しがちですが、まだ秋です。
そんな秋の醍醐味といえば紅葉(こうよう)でしょう。そこにもうひとつ。
広島では「霧の町・三次」で見る事のできる『雲海』。こちらも見頃です。

思えば日本の絶景本を見てから「けあらし」を見るべく、早朝に出掛けたのがもう一年前。
時が経つのは早いですね。

という事で、今回は『雲海』と『紅葉』を求めて三次方面へ行ってきました。

高谷山展望台

高谷山展望台_雲海

どうせなら日の出込みで見ようかと、高谷山展望台を目指して早朝に出発。
まだ暗い中、高谷山の展望台までの道中はまるで雲の中を進む飛行機状態。
全然、前方確認ができませんでした。
道路の中央線がなければ進む方向すらハッキリ見えない状態。中央線さまさまでした。

こんな時間、こんな山道にも関わらず、着いてみるとほぼ満車状態。
昨今のSNS、絶景ブームの影響でしょうか。昔はそうでもない人数だった場所でも最近はどこも人が多めですね。

観光産業には追い風の情勢です。これでひとつ町の活性化に繋がれば…と思います。

朝早くてグズグズ…
乗り気じゃなかった子どもたちも雲海を見て何か感じたようで、ちゃんと眺めていました。

尾関山公園

尾関山公園_紅葉

雲海の後は紅葉探し。

高谷山展望台からそう遠くない『尾関山公園』へ。
これがテーマパークや商店だと開店時間前という時間でしたが、
公園ですので待つ事もなく見られました。

公園ということで子どもたちのテンションもMAX。
紅葉そっちのけで遊具に鬼ごっこ。。こっちも眠い中、鬼ごっこ…走りました。

そんな中、時間が経つにつれて霧も晴れ、林に光が差し込み…
それはもう、何か壮大な光の線で。まるでファンタジーでした。

そんなこんなで子どもたち共々満喫し、次の地点へ。
(紅葉もバッチリでしたが、まだもみじの緑な箇所もあったので今週末も大丈夫そうですよ。)

帝釈峡

帝釈峡_紅葉

午後になり、三次から庄原方面。『帝釈峡』へ。

やっぱり有名所だけあって人が多めです。
ですが、やっぱり圧巻の岩山渓谷です。有名なのも納得の自然です。

帝釈峡は今年2回目。前回はこちらをご覧ください→【 山の近くはお気をつけ下さい。


早朝から散々走り回ったにも関わらず、遊び足りない子どもたち。
この後『三次ワイナリー』前の公園へ行ってから帰りました。

日本の四季は日本にいるからこそのもの。せっかく日本にいるのですから、
TVやネット・SNS、雑誌や写真集なんかで観るだけじゃなく実際に赴き、体感し、見たいものです。

参考サイト