愛の妙薬

こんにちは!
火曜夜の「逃げ恥」が楽しみで仕方ないさやです。
私もお金払ってもいいからガッキーと結婚したい…おかえりなさいって美味しいご飯と一緒に迎えられたい…
最近の趣味は現実逃避です。笑

さて先日私は現実からしばし離れ、府中シティオーケストラの一員としてドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」の上演に参加してきました!
簡単なあらすじを言うと…
fd518e29f75bf7f858a1c2125a190d94
舞台は19世紀、スペインの小さな村。
純朴な農夫ネモリーノは少し高飛車な村一の美女、アディーナに恋をしていました。
しかしアディーナはネモリーノに冷たい態度。
何とかして射止めたい!とネモリーノが思っていた矢先、村にいかさま薬売りドゥルカマーラがやって来ます。
ネモリーノはドゥルカマーラが詐欺師とも知らず『トリスタンとイゾルデ』の物語に出てくる惚れ薬「愛の妙薬」を売ってくれ!と懇願します。
いいカモがきたぞと安いワインを愛の妙薬と偽って売りつけるドゥルカマーラ。「ただし効き目は明日出る」と言って…

これで明日にはアディーナは自分のものに!と浮かれてアディーナに大きな態度をとるネモリーノ。
憤慨したアディーナは当てつけに女好きの軍曹ベルコーレの求婚を受け、今日のうちに結婚式を挙げることに!
ネモリーノの恋の行方は…!?
という喜劇的オペラです。

今回の上演は私にとって人生初オペラ!
生でオペラを歌う方々を見るのも初めて。
みなさん練習の前はのほほーんとしていて「急に冷えましたね~」なんて話をしていたのに、いざ練習が始まるとパッとそれぞれの役の顔になるんです。
頭のてっぺんから爪先まできちんと役になっていて、自分の歌がない時も細かい所作が本当にスペイン人…
合わせ練習の時に見惚れて自分が曲に入り損ねたのは内緒です。

小学校低学年くらいの子どもたちも「村の子どもたち」の役で参加しており、優しくも厳しい演技指導を受けておりました。
スカートをちょこんと持って首をかしげるようなお辞儀、子どもがやるととってもキュート♡
この機会にオペラが、演劇が、音楽が、もっと好きになってくれたらいいなぁと思いました。

これからは街中に音楽が溢れる季節。
少し現実から離れて、コンサートや舞台に足を運んでみませんか?

それではまた次回♪
さやでしたっ!