美味しい釣り堀体験に行ってきました~!

tsuribori 2

みなさんこんにちは~!

 子どもの頃に誰しも体験する???・・・か、どうかはわかりませんが、釣りは好きですか?

今回は子育て世代の方にもぴったりオススメの万古渓(ばんこけい)養魚観光センターの釣り堀体験に行ってきました。

 ここは、釣った魚をその場で調理して食べさせてくれるということで、食べる事が大好きな私は、釣りに出かける前から、頭の中はニジマスの塩焼きのことでいっぱい!


受付で100円支払い、釣り竿と餌と網を受け取り、

さぁ~、釣り体験のはじまりです!


tsuribori

釣り堀は「塩焼用釣場」「さしみ用釣り場」と別れており、釣ってみて納得。

まず魚の大きさが全然違う。

塩焼き用は手ごろな塩焼きまるかじりサイズで、おさしみ用はズッシリ重量級。

意外と簡単に釣れるから、初心者だって大丈夫!子どももきっと楽しめます。


100円の竿を借りて、「安かね~」と喜んだのもつかのま。

今回は2人でさしみ用の魚を2匹と塩焼き用の魚を4匹釣り、魚代金と料理代金を合せて約4200円ほど。

一応、自分達の腹の具合を考えながら釣ったので、まぁ、想定内と言えばそうかもしれませんが、釣れるからといって調子に乗って釣りすぎるとお会計の時に大変なことに!(^^;)

でも、獲れたての魚は新鮮そのもの。釣った魚はお刺身、から揚げ、塩焼きで美味しくいただきました!
おさかなさ~ん、ありがとう!
before
sashimi1

まず、刺身にした広島サーモン

さしみ用釣り場で釣った魚は、さすがにデカく、食べごたえ充分のサイズ。

horizontal
after
sashimi2

「うわぁっ!美味しかね~」

キレイに美味しくいただきました!

before
karaage1

そして広島サーモンの唐揚げ

カリッカリで、熱々。さっきまで生きていただけあって新鮮そのもの。


horizontal
after
karaage2
何ともいえない美味しさに感動のおたけび。
「これも美味しかよ~、熱かうちに、はよ食べなっせ~!

ちょっと大きかったから頭と背骨は残しちゃったけど、見事な食べっぷり!
before
shioyaki1

本日のお目当てのニジマスの塩焼き!

塩焼き用釣り場で釣ったニジマスは頭から全部食べれるほどの大きさで、背骨までキレイにいただくことが出来ます。

まず、頭としっぽを両手で持って、お腹をガブリ!



horizontal
after
shioyaki2

とにかく身がふっくら柔らかくて、「フワフワ~」っていう表現がピッタリ。川魚独特の臭みがなく塩加減もちょうど良く本当に絶品!

「うぁ~骨も全部たべられるけん!マジで美味しか~」

やはり、この一言に尽きます。
4匹のニジマスは、残すところが全くなく、キレイに完食!
sakana1

とまぁ、こんな感じで楽しくて美味しい時間を過ごせましたが、

釣った魚は量り売りなので、釣りすぎには注意が必要です。


だから食べれきれる量もさることながら、

お財布と相談しながら釣りを楽しんでくださいね!^^

ちなみに当日出会ったパパ・ママ・小学生くらいの

3人のご家族は約7,000円ほどのお支払!

さすがにパパの驚きは隠せなかったようでした!


もちろん、釣った魚は返品はできませんが、持ち帰ることは可能ですよ。

sakana2

最後に・・・

本当は、少し抵抗があった釣り。子どもの頃は大好きでしたが、大人になるにつれ、いつしか魚が可哀そうに思えて釣りが出来なくなっていました。

今回は、久しぶりに釣りに挑戦しましたが、ゲーム感覚で釣りを楽しむということだけではなく、このかけがえのない魚たちの生命をいただいて生かされているという原点に立ち返る時間を過ごすことができたような気がします。

また、魚だけに限らず、私たちはこの地球上のたくさんの「いのちの犠牲」のもとに生かされているからこそ、その恩に報いる生き方をしなくてはなりません。


「いただきます」「ごちそうさま」という言葉は、単なる食事の挨拶ではなく、「たくさんの命をいただいて私たちは生かされている」という感謝の心を表す人間に与えられた素敵な言葉。

常日頃の何気ない遊びの中から、そういうことを教えてあげられるのも大人たちの大切な役目なんでしょうね。


釣りを楽しみながら、食育の時間を家族で共有するものいいのではないでしょうか?

オススメです!



「万古渓養魚観光センター」廿日市市虫所山74 (0829)72-0223