夏休みのおもいでPART_1

aqua1


広島地方で初めての「アートアクアリウム展~広島・金魚の祈~」が現在開催されています。



江戸時代に日本の生活に根差した文化として花開き、日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会です。

 

数年前に、アートアクアリウムの事を知りました。当時、とても興味はあったものの、県外での開催ということで、あきらめていました。


なので、今年の夏に広島地方で初めて開催されるということを耳にした時は、うれしくて本当に楽しみにしていました。

しかし、「絶対行く~♪」と決めてはいたもの、9月6日まで開催だから・・・ということで、ついつい後回しに。


気が付いたら8月中旬になり、

結局、お盆休みの一番多い時に行くことになりました。

 

期間中、金曜・土曜は夜間11時まで開催ということもあり、カクテルなどのドリンクも注文できるようになっていました。

また夏休みの真っ只中ということで、会場は夜にもかかわらず、小さな子どもから年配の方まで大変賑わっていましたよ♪

aqua2



カメラの腕が良ければ、もっといい写真が撮れたかもしれません。

イマイチの画像ばかりで、本当の素晴らしさが伝わらなくて

とても残念ですが。

aqua3

お腹がプクッとしてるところあたり♪

ね、ね、かわいいでしょ?

aqua4

ひとつの水槽に1種類ずつ。

真上から覗けて、とてもかわいかった♪

aqua5
花魁(おいらん)の流れをくむ巨大金魚鉢シリーズの大作。金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する「大奥」を表現した
幅約3mにわたる複合的な作品。

aqua6
音楽に合わせて照明の色が変わります。色が変わるだけで雰囲気も違ってとてもキレイでした。撮影してる人が多いこと。
写真に人影が写りこんでないのが奇跡です。
aqua7



たくさんの金魚が泳ぐ、横長の水槽。

ひな壇のように階段形式で展示する豪華絢爛な作品。

aqua



他にもキレイな作品はたくさんありました!



水中四季絵巻というプロジェクションマッピングにより投影された

日本の四季の中を本物の錦鯉が泳ぐ全長8mの大作や、

透明な多面体でプリズム効果をもたらす

巨大な12面体と18面体のプリズリウム、

様々な金魚を観賞できる金魚コレクションなど・・・


本当にキレイな作品ばかり。


9月6日(日)までNTTクレドホールで開催中です。

せっかくの広島開催なので、是非おでかけしてみて♪

http://artaquarium.jp/