江田島の第一術科学校の見学に行ってきました!

etajima5
今回は、自衛官OBが校内を案内してくれる海上自衛隊 第一術科学校(旧海軍兵学校跡地)の見学に行ってきました。

旧海軍兵学校は、明治21年に東京、築地から江田島に移転して以来、海軍将校養成の基地として、若い人の憧れを集めていました。現在では、海上自衛隊の幹部候補生学校や第一術科学校などになっています。
etajima1
大講堂
大正6年に良質な御影石で造られており建坪は約500坪、収容人数は約2,000名の大講堂で吹き抜けです。
etajima2
大講堂の中
天井はドーム型で舵輪型シャンデリアが下がり、海軍兵学校時代には天皇陛下も臨席され入校式や卒業式などの儀式が行われていただけあって、厳粛な雰囲気が漂います。現在は幹部候補生、第1術科学校の学生等の入校式、卒業式等儀式に使用しているそうです。大講堂の中は本当に素晴らしかった。
etajima3
幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館 通称赤レンガ)
通称「赤レンガ」と呼ばれ全国的に有名な、幹部候補生学校庁舎は、日清戦争の前年、明治26年(1893)に海軍兵学校生徒館としてその生活、教育のため建築されました。ここは中には入れませんが、外から眺めるだけでも、威厳を感じる建物ですよ。
etajima4
教育参考館(館内撮影は禁止)
ギリシャ神殿風の鉄筋コンクリート造の2階建てのこの教育参考館には、戦前約4万点の歴史的資料が保存されいたそうですが、終戦時、一部の貴重な資料を厳島神社、大山祗神社等に奉納した他は、進駐軍による没収を恐れ焼却処分とされました。現在は、返却された資料等約16,000点を保存しており、そのうち約1,000点が展示してあります。
特に、神風特攻隊員たちの遺書や遺品などは、胸が締め付けられる思いがしましたし、何とも言いようのない感情がこみ上げてきました。私たちは、若くして亡くなった多くの犠牲のもとに生かされていることを忘れてはならないし、決して風化させてはいけないことではないかとも思いました。
etajima6
今回、特に子育て世代の若い人たちには是非行ってほしいと思いました。
小さい子どもたちも、意味は分からないかもしれないけど、大人たちが真剣に学ぼうとする姿勢を見て、何かを感じ取ってくれればそれでいいのではないかなぁと私は思います。

見学は無料なので、家族でおでかけてみてはいかがでしょうか?
見学時間など、詳細を確認してからおでかけくださいね!

海上自衛隊 第一術科学校
 
広島県江田島市江田島町国有無番地 海上自衛隊 第1術科学校 総務課 広報係
電話番号:0823-42-1211(内線2016)
http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/index.html