『ありがとう…ばいばいおっぱいさん!』

遅めだった歩行もしっかりしてきて、立て続けだった病気も落ち着き体力も戻ったので、
1歳7ヶ月になり…いよいよ断乳を試みようと、母さん覚悟を決めました!

我が家流の儀式です。

最後と決めた朝には『いっぱい飲んでね、最後だよ!』と語りかけながらスキンシップをとります…

お世話になったおっぱいさんには(母さん隠れて)油性の太いマジックでお顔のイラストを描きます…

一歳児さんと向き合わせて『バイバイね~』とイラストを描かれたおっぱいさんに一緒に手を振ります…(笑)


それが良いのか悪いのかわかりませんが、
ねぇねとにぃにも同じやり方でやってきたので、迷うことなくそのやり方を試す他ありません。

しかし毎回、母さんも半信半疑です。

我が子だからきっとできるはず!と信じたい気持ちと、

しかしこれまで毎日、眠たくなってぐずった時の唯一の安定剤だったおっぱいを無くすことなんてデキルノー?!という気持ち…



一日目の夜…

案の定、一歳児さん泣きまくりました(涙)

声がかれそうなくらい一晩中泣き叫ぶので、切ない気持ちで胸が張り裂けそうな母さんももらい泣き(涙)

窓の外が薄明かるくなり始めた頃には泣き疲れたまま眠る寝顔を見守りながら、母さん心の中では

『今回はまだ少し早すぎたのかな?今回は失敗かな?』

…不安な気持ちしかありませんでした!


…が、


二日目の夜…

あんなに小さいのにまるで悟ったかのように、ちゃんとわかってるんです!

泣くのだけど、抱っこでトントンしてあげるとおっぱいが無くとも眠るんです!

母さんも覚悟を決めたけど、ほんとに覚悟したのは一歳児さん!

恐れ入ります!!

もう泣き叫ぶことなく、おっぱいさんには手を振り、納得したご様子。

近くで一緒に見守ってくれたねぇねとにぃにも初めは
『かわいそうだからまだばいばいしなくてもいいじゃん、飲ませてあげてよ(涙)』ともらい泣きしていましたが、
大成功のはなまるな弟を『すごい!すごい!』と拍手でほめてくれました。


笑顔
…でも嬉しいようなちょっぴりさみしいような…


おっぱいを卒業してまたひとつ成長していくのでしょうけど…

もうこれで、
おっぱいを欲しがることも飲ますこともないんだな(涙)

もう人生で最後の授乳になるんだなぁ~

と寂しいのが本音の母さんであります。


おっぱいさん、ありがとう!



…途端に子どもらしくなってきた一歳児さんの食欲はスゴい!

でも、あんまりいそいで大きくならなくってもいいよぉ~



    Kids smile makes happy♪  -子供の笑顔は幸せのもと-