みみはなのどの病気について

子どもがかかりやすい夏風邪について


 手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱は梅雨明けの頃、気温がぐんぐん高くなるのに伴って増加しはじめ、7~8月頃がピークになります。感染経路はせき、くしゃみなどの飛沫感染することが多く、主な症状は、咽頭痛、発熱の3つです。冬風邪のような鼻水や咳はあまりみられず、むしろのどの痛み、発疹を伴うことが多く、発症すると数日間高熱が続きます。夏風邪に共通していることは、特効薬がなく、抗生物質も効かないことが多いです。水分、睡眠、栄養をとって自然治癒力を高くして、回復を待ちます。また夏風邪を予防するためのワクチンもありません。

夏風邪と間違えやすい“溶連菌感染症”

 夏風邪と似た症状の病気に、溶連菌感染症があります。主に12~3月、7~9月の時期に流行しますが、1年中発症します。代表的な症状は高熱だけでなく、のどに薄黄色の膿が溜まり、のどの痛みが強いこと。また舌がイチゴのように赤く、ブツブツ状になることも。時に皮膚に発疹が見られることがあります。溶連菌感染症には検査法があり、溶連菌かどうか診断ができます。治療法はウイルス性の夏風邪と異なり、溶連菌感染症は細菌性のため抗生物質が有効です。

いつまで休むの?感染後の登校、登園の判断は?

 医師から診断された場合には、学校保健安全法では下記の内容になっています。

・プール熱(咽頭結膜熱)…主要症状が消失した後2日経過するまで。
・手足口病…発熱や喉頭、口腔の水疱、潰瘍を伴う急性期は登園(登校)停止、全身状態が改善すれば登園(登校)可。
・ヘルパンギーナ…発熱や喉頭、口腔の水疱、潰瘍を伴う急性期は登園(登校)停止、全身状態が改善すれば登園(登校)可。
・溶連菌感染症…適正な抗菌剤治療期間開始後24時間を経て全身状態が良ければ登園(登校)可。
 ※園・学校などでもこれを基準にして、治癒証明が必要な場合があります。

 夏は疲労がたまりやすく、夏バテにもなりやすいです。体力を落とすことが感染の誘因になります。十分な栄養、しっかりとした睡眠など生活リズムを崩さないようにしましょう。

34_今井耳鼻科_夏風邪の特徴


imai_foot