子供の◯◯についてお話します。

お薬の上手な飲ませ方についてお話しします。

●はじめに
 お子様が病気のとき、薬を飲ませるのに苦労されておられませんか。子ども用の薬は、随分飲みやすくなっていますが、それでも味覚や食感に敏感なお子様は、嫌がって吐き出してしまうかもしれません。頑張って飲もう、と思ってくれないのがつらいところ…。お子様に合った飲み方を見つけてあげましょう。

●乳児の服薬
 満腹では飲めないので、授乳前に飲ませます。ミルク嫌いになると困るので、ミルクに混ぜないようにします。哺乳瓶の乳首に水で溶いた薬を入れて、哺乳瓶をつけずに飲ませるのがお勧めです。哺乳瓶の乳首を嫌がる場合には、少しの水でペースト状に練って、きれいに洗った指先で、頬の内側少し奥か上顎に塗って、母乳かミルクを飲ませます。スポイトで垂らして飲ませる方法もあります。

●離乳期・幼児の服薬
 小皿、おちょこなどに水を入れ、粉薬をのせて溶かします。かわいいお皿を使うとままごと感覚になります。スプーン、シリンジタイプの注射器、スポイトで飲ませます。1回分の薬の袋の中に、スプーンで少量の水を入れ、かき混ぜて飲ませる方法もあります。飲んだ後に、好きなもので口直しをします。服薬ゼリーやオブラートを使うのもよいでしょう。

●学童期の服薬
 薬の必要性を本人に理解させましょう。確実に飲んだか確認する必要があります。錠剤が飲める小学生では、少量の水で口を湿らせ、舌の奥の方に錠剤を置き、水を飲ませます。口の中に錠剤が残っていないか確認します。水で飲めない場合、ゼリー、プリンなどなめらかな食べ物、服薬ゼリーを使うと飲みやすくなります。

●飲めないときの理由と対処
 満腹で飲めない場合、食前投与にします。薬を食べ物や飲み物に混ぜるときは、見えないところで行います。すぐに吐く場合、1回に口に入れる量を少なくします。見た目を変えたり、ゼリー、ジャム、ヨーグルト、プリン、アイスクリーム、チョコクリーム、コンデンスミルク、ジュース、オリゴ糖シロップなどに混ぜてみましょう。アイスクリームは舌を冷やし、一時的に神経を麻痺させて味を感じにくくします。薬によっては、オレンジジュースや乳製品で苦味が強くなったり、薬効が落ちることもあるので、薬剤師からの情報に留意して下さい。

●おわりに
 薬が飲めないと、つい叱ってしまいますが、ますます薬が嫌いになります。「病気を治すためだから頑張って飲もうね」「ばい菌をやっつける薬よ」という優しい言葉がけが大切です。上手に飲めたときには、しっかりほめてあげましょう。ほめられるのは最高のご褒美で、頑張って飲めるようになります。困ったときには、医療スタッフ、薬剤師、保育士に相談してみて下さい。新しいアイデアが見つかるかも…。

野村真二院長