なりたい自分になる。

新しい形のコンビニ

超高齢社会の地域のニーズに対応し、健康で安心して暮らすことができるようローソンと介護事業者がコラボしたのが「ケアローソン」。

介護×コンビニとは、なんて斬新なアイデア💡

店内の写真を撮り忘れたので、パンフレットで簡単に紹介します。

(注 : 決してローソンのまわしものではありません)

コンビニの店内に介護相談窓口を併設。

地域の多世代の方々が気軽に交流できるサロンスペースを設置。

もちろんイートインスペースにも。

また、店内には車イスの方でも入れる、手すり付きの広いトイレも設置。

そして、介護食も販売している。

全国でも珍しいケアローソンが府中町にあり、サロンで「いきいき☆食事バランス」というイベントがあると知り、息子と一緒に参加しました。

食べかけの写真ですみません💧

パンや、舌でつぶせる介護食などを試食させていただきました。

見た目はお肉なのに、スプーンで簡単に切り分けられるほどやわらかい。

料理が苦手な私は、子供の離乳食を作るのが本当に面倒でした💧

もし今後、親の介護が始まった時、こういう商品に助けてもらう日が来るかもしれません。

そして、年老いた将来の自分も⁉️

介護の相談って、どこに行けばいいの?と思われる方がおられると思います。

コンビニの店内なら気軽に入れるし、カウンターとは別に専用の相談室があるので、プライバシーにも配慮されています。

こういう場所があるということを知っておくだけでも、心強いですよね。

月に1回、サロンイベントを開催されるようです。

ケアローソンが地域の拠点になり、町が活性化することを願って✨